まき爪治療日記

巻き爪の手術は何するの?「レーザー治療」で焼く方法

巻き爪になったと初めに感じたのは中学の2年の夏でした。この時期に普通に歩いていた時に急に左足の親指の爪が親指の肉に食い込んで
激しい激痛が走ったのがきっかけで巻き爪になった事に気づきました。

それで最初は病院に頼らずに自らの手で食い込んだ爪を剥ぎ取ろうと思ってボールペン等を使って巻き爪をなんとかしようと思ったのですが
いくら素人がボールペンで爪を剥がそうとしても全く効果はなかったです。

それでしばらくは痛みに耐えていたのですがしばらくその状態を放置していたら普通に歩けなくなるまで重症化しました。
その結果ついに病院に行って巻き爪をなんとかしてもらうしかないと思うようになりました。

レーザー手術で巻き爪を治療

それぐらい、右指に激痛が走ったという事です。この時にはもう手術だろうがなんだろうが巻き爪を治すためには
何でもやろうと思っていました。それで病院に行ってどういう治療法があるのか医者に聞いたところ色々な方法がある事を聞いたですが
もう二度と巻き爪にならないようにする方法を迷わずに選択しました。

それは一体何かというと、レーザー手術を受て巻き爪になっている部分を焼き切るという方法を選択しました。
普通は巻き爪くらいでここまでの方法を選択する人はあまりいないそうですが、迷わずにこの方法を選択しました。

手術後、2年も巻き爪にならない!

なぜなら、このレーザー手術を受ければ巻き爪になっている部分の爪がもう一生生えてこないというのがあるからです。
それで迷わずに手術を受けました。その結果その手術を受けてからもう20年以上になりますが、もう二度と巻き爪になる事もなく
快適に過ごせています。

確かにこのレーザー手術を受けた事で爪の端の部分を焼き切ったために爪の形は不自然な形になってしまいました。
ですが、その結果爪が肉に食い込んで歩くたびに激痛が走るという事もなくなって本当に良かったと思っています。

もし、この方法を取らないでもっと簡易的な処置を受けていたらまた巻き爪になっていたと思います。

-まき爪治療日記