ビフォー

まき爪治療日記

ワイヤーによるVHO式矯正法

現在28歳の女性です。
私の、左右の足の親指の爪が弯曲した巻き爪になったのは、25歳の頃からです。
手も足も深爪にする癖があり、ちょっと伸びてきただけでも切っていました。
特に端の方はかなり深く、皮膚ギリギリまで切っていたのです。
後から知ったのですが、これは巻き爪になりやすい切り方でした。

飲食店で接客業をしていて仕事中は7~8時間立ち歩きしているのですが、そうすると何だか足の指が痛くて堪らない事が多々ありました。
仕事終わりにはいつも足の親指の爪の端が、かなり赤くなっていたのです。
それでも「爪が伸びていて皮膚に食い込んでいるから痛いんだ」と思い、爪の端を切る事を止めませんでした。

そうやって過ごしていて、ある日爪をよく見てみると、他の爪は普通なのに足の親指の爪だけがやけに弯曲している事に気づきました。
皮膚に食い込んでカールしていて、爪の端からちょっと血が出ていたのです。
爪を切ろうにもなかなか切りにくく、ネットで調べて食い込み型の弯曲巻き爪だと解り、皮膚科へ行きました。
そこで診察してもらって、爪を切る時に端まで切ってしまう事、合わない靴を履いている事から中度の弯曲爪になったと言われたのです。

爪はスクエア型に切る、足に合った歩きやすい靴を履く事を勧められ、治療としてVHO式矯正法という方法を行う事になりました。
これはワイヤーを用いるらしく、手術なしで痛みも少ないようなので、こちらを受ける事に決めました。
化膿していたら手術になるようですが、私はまだ血が出るものの化膿まではいかなかったのでこちらの治療を受ける事が出来ました。

爪にワイヤーをかける時にピリッと痛みがありましたが、覚悟していたより全然痛みは少なかったです。
爪の両端にワイヤーをかけて紫外線硬化、それを何度も通院して繰り返します。
治療はおよそ1年程かかりましたが、段々と爪の形が正常になっていくのと、痛くなくなっていく事が嬉しかったです。

初回は1ヵ所1万程で、私の場合は2か所で2万、その後通院の度にワイヤーをかけ直して1ヵ所9千円の2か所で1万8千円で、3ヶ月に1度通院でした。
ワイヤーをかけている間も爪切りはしても良く、お風呂も入っても問題なかったです。
爪の切り方と靴や歩き方に気を付けるよう注意され、ワイヤーかけ直し以外は通院しなくてよかった所も手間がかからないのでいいと思いました。

1年、初回1回と4回の通院で合計9万もかかりましたが、それだけであの醜い湾曲した、食い込んで痛い爪が治ったので良かったです。
あれから数年経ちましたが、再発はしていません、軽度~中度の内に治療をしておいた方が、その分安く早く治るのだと感じました。

-まき爪治療日記