まき爪治療日記

巻き爪は遺伝する?祖母の爪が私に似ている

私の父方の祖母がひどい巻爪で、それが父と私に遺伝しています。

祖母は手術で爪の半分くらいになる巻いた部分を切除しましたが、そこからまた爪が巻いてきて、最終的には石みたいな塊が指にくっついているような感じでした。

遺伝した私の巻き爪

私はそこまでひどくないものの、小さい頃から祖母や父と同じく左足の親指だけ爪が巻いていて、爪を切るときは指の皮膚から完全に出た状態まで伸びないと切ることが出来ません。

短く切ってしまうと角が皮膚に刺さり、伸びてくるたび皮膚に食い 込んでしまうのです。一番悪化していた時は爪が伸びなくなり、爪の元が盛り上がってきて、やっと伸び始めたと思ったら爪には穴が空いていて、膿が出たりしていました。

更に伸びなくなった爪はそのままに、下側から新しい爪が伸びてきて二重になり、爪がどんどん分厚くなってしまうんです。歩くのも痛いので地に つかないように浮かせていました。また、爪が反っているため靴に爪が当たっても痛く、靴選びは毎回大変です。先の細い靴はまず合いません。靴の先に余裕の あるものを選ぶようにしています。この巻爪を何とかしようと、いつも爪の間にティッシュやスポンジなどを入れて常に広げるようにしていましたが、改善されませんでした。

体重をかけない指の爪は巻いていく

しかしあるとき、テレビで体重をかけない指の爪は巻いていくというのを見ました。それからできるだけ親指に体重をかけ、親指で蹴って歩くようにすると、徐々に巻爪が改善されてきたのです。なかなか伸びなかった爪も伸びやすくなり二重から一重へ。また新しい爪はあまり巻いていないのです。痛いのでどうしてもかばって体重をかけるのを避けていましたが、これが逆効果だったようです。

今まで悩んでいた巻爪が歩き方を変えるだけでこうも改善されるとは思ってもみませんでした。また、私はO脚なのですが親指で蹴って歩くようにするとO脚も改善されていくようです。これは一石二鳥です。

歩くときは 「親指、親指!」と意識して歩くようにしています。

-まき爪治療日記